お問い合わせ

九州から、
はじめよう。

ONE KYUSHU サミット

九州廃校サミット

Story

2018年4月に発足した「九州廃校サミット」は、これまで3回にわたって九州の未来について議論を重ねてきました。廃校を起点に「地域のまちづくりの活性化」や「食やツーリズムなどの新たな経済的な需要の喚起」を、九州全体を通してできないか。といったことが九州廃校サミットにおける論点でした。
移住、旅行、食、コンテンツ、福祉など、九州の地域経済の起爆剤として廃校が担うことができる役割は多岐に渡るということを理解するにつれて、この九州廃校サミットで培った九州地域にまたがるコミュニティをベースに、「ONE KYUSHU」という概念で、廃校のみならず地域全体を見渡した地域活性への取り組みへとつなげていけないかを模索してきました。

九州廃校サミット

New Normal ≒ ONE KYUSHU

そうした折、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の発生と、それに伴う緊急事態宣言の発出によって、日常が一変しました。様々な変化が起こる中で、最も注目を集めたのが「地域のあり方、地域の役割」であり、あらためて私たちが生まれ育ってきた「九州」を見つめ直すことの大切さに気付かされました。
「Withコロナ/Afterコロナ」の九州がどうあるべきかについて考えたときに、これまでの活動を通じて出会ってきた仲間たちと語り合い、作り上げてきた「ONE KYUSHU」という概念が、その答えなのではないか。そして、2020年からはじまる「New Normal」は、九州が世界にモデルを示すことができるのではないかと感じています。

九州7県のポテンシャル

Our Vision

私たちが思い描く「ONE KYUSHU」は、国家や行政などといった統治機構の枠組みではなく、経済や文化、人の往来や関わりなどといった、より身近で生命や生活に密着した活動やそれを支える環境こそが重要であると考えています。
九州はひとつの島です。この事実を再認識するとともに、行政区域に囚われずに生活圏をベースとした地域づくりや人の往来を更に加速させることが肝要だと認識しています。 このようなビジョンを踏まえ、実質的な「ONE KYUSHU」を構築するために「ONE KYUSHU宣言」を取りまとめ、「ONE KYUSHUサミット」を開催することとしました。

ONE KYUSHU宣言

世界は今、大きな変化の渦中にある。我が国は、グローバリゼーションの進展、人口減少・少子高齢化の進展、過度な東京一極集中、地域間格差の拡大などがもたらす様々な社会課題への対応を迫られてきた。中央政府による一体的な経済・財政政策、地方創生政策が一定の成果をあげる一方、地域ごとに抱える課題が異なり、条件が個別的で多様な現状では、画一的な取り組みによって効果を上げていくことはますます難しい。

そのような中で発生した新型コロナウイルス感染症は、瞬く間に世界中に広がり、人命を脅かすとともに、人々の生活に多大なる影響をもたらしている。「Withコロナ/Afterコロナ」の新しい社会経済のあり方として、「New Normal」を目指す動きが始まっているが、これらの動きはこれまで当然と考えられていた価値観のもとで行われてきた生活や教育、企業活動などに多大な影響をもたらすと考えられる。分散化、開放化、自動化、データ化など新たな手段へとシフトを進めながら、それに対応する地域づくりを進めていく必要がある。

九州はひとつの島であり、7つの県で構成されているが、他の地域ブロックと比して規模の大きな都市が多く、地理条件から地域内にバランス良く配置されている。これらの都市が核となり、都市間の人流、物流が活発に行われてきており、圏域を超えた経済圏の構築や経済活力の一因となっている。産業としては、農林水産業、建設業、インフラ産業、医療・福祉などに強みがあり、これらの産業は「Withコロナ/Afterコロナ」の時代においては新たな付加価値を生み出せる可能性がある。

地域経済は消費や生産ともに活動が域内で完結せず、経済圏も行政区域を超えて構成されるのが特徴である。新型コロナウィルスの感染についても同様であり、行政区域による施策の実施にとどまらず、九州の特性を活かした九州単位での対応により、より効果を生み出していくと考えられる。九州単位で「Withコロナ/Afterコロナ」を見据えた次世代の戦略の策定や次世代産業領域における活躍の場の創出、産学官民が一体となったまちづくりなどを進めていくべきである。

「Withコロナ/Afterコロナ」時代に向かうにあたり、九州域内での一体的な防疫体制の構築は必須である。九州は域内経済依存の割合が高く、隣県との経済交流の厚みを踏まえれば、域外からの入島ルールの整備を行う一方で、旅行安全圏の制定などにより段階的に圏域を開放することにより、経済循環を促し、経済を支えていける可能性がある。これらの九州の特性を活かした取り組みを行うことにより、他の地域に先んじて「Withコロナ/Afterコロナ」時代を見据えるとともに、九州ならではの「新たな生活様式」を確立していきたい。

私たちは九州を「ひとつの島」として捉え直し、価値を再定義する。ローカルを超えたリージョナルの視点を持って、産学官民が一体となり、「Withコロナ/Afterコロナ」時代を九州から先導し、加速させていくことをここに宣言する。

2020年5月29日
ONE KYUSHU サミット  会長 村岡 浩司
副会長 石丸 修平

ONE KYUSHU チャンネル

あなたの九州宣言募集します!

7月4日(土)に開催予定の「ONE KYUSHU サミット」に向けて、みなさんひとりひとりからの「九州宣言」を募集します。
(「九州宣言」とは、新しい九州、これからの九州への想いを伝える宣言です。)
ツイッターにて、「#九州宣言」を投稿していただくと、リツイートしてここに表示します。「文言」、「写真」、「動画」何でも構いません。
(※全て拾いきれない場合もありますので、ご容赦ください。)

#九州宣言のツイート

EVENT

ONE KYUSHUサミット開催のお知らせ

2019年10月に開催された「第3回九州廃校サミット」で、高らかに宣言した「ONE KYUSHU」。 この度、満を持して「ONE KYUSHUサミット」を開催することとなりました。今回は、リアル&オンラインの両方で、九州各地をつないでオール九州での開催&発信を行います。
「Withコロナ/Afterコロナ時代の九州のあり方」や「世界に示す九州の『New Normal』」など、【ONE KYUSHU】について、熱く語り合いたいと思います

ONE KYUSHUサミット

日時: 2020年7月4日(土) 18:00〜21:00

視聴方法: イベントの配信はこちら

・#九州宣言とは
・ONE KYUSHU サミットってなに?
・With/Afterコロナを真剣に語りたい

プログラム

18:00 - 18:05

開会の宣言

司会者
矢田部 美里氏 株式会社Zero-Ten プロデューサー

18:05 - 18:15

オープニングトーク:
「九州宣言」

登壇者
村岡 浩司氏 OneKyushuサミット 会長ほか

18:15 - 18:35

キーノート:
なぜ今、「ONE KYUSHU」なのか?

登壇者
石丸 修平氏 Onekyushuサミット副会長/九州経済連合会行財政委員会 企画部会長

18:35 - 19:05

New Normal Dialogue:
ポストコロナ社会を見据えた九州への期待

コーディネーター
東 博暢氏 株式会社日本総合研究所 プリンシパル

パネリスト

田坂 広志氏 多摩大学大学院 名誉教授
石丸 修平氏 Onekyushuサミット副会長/九州経済連合会行財政委員会 企画部会長

19:05 - 20:25

ケーススタディ:今、九州で起きているWithコロナへの挑戦

19:05 - 19:25
河野 剛進氏 株式会社vacan 代表取締役
19:25 - 19:45
大瀬良 亮氏 株式会社 KabuK Style 代表取締役
19:45 - 20:05
馬渡 侑佑氏 九州アイランドワーク株式会社 代表取締役社長
20:05 - 20:25
松山 周平氏 株式会社ティーアンドエス THINK AND SENSE部 部長

20:25 - 20:50

パネルディスカッション:
ポストコロナのOnekyushu

登壇者

濱野 昌志氏 西日本高速道路株式会社 九州支社地域連携担当部長
小池 洋輝氏 九州旅客鉄道株式会社 事業開発本部まち創造担当部長/博多駅エリア発展協議会 事務局長
村岡 浩司氏 OneKyushuサミット 会長/株式会社一平ホールディングス 代表取締役社長
モデレーター
内堀 愛恵氏福岡地域戦略推進協議会 マネージャー

20:50 - 21:00

クロージングトーク・写真撮影

登壇者
村岡 浩司氏 OneKyushuサミット 会長ほか
登壇者

九州廃校サミット

九州廃校サミットは、九州の廃校利活用事業者や自治体、企業、金融機関の有志が一同に介し、廃校を通じて、九州の地域課題や九州の未来について語り合うサミットです。2018年4月に発足し2019年10月までの間に、3回の「九州廃校サミット」を実施してきました。

九州廃校サミット

発起人

村岡浩司

村岡浩司

MURAOKA KOJI

ONE KYUSHU サミット 会長
株式会社一平ホールディングス 代表取締役社長

宮崎県宮崎市出身。 “世界があこがれる九州をつくる”を経営理念として、九州産の農業素材だけを集めて作られた九州パンケーキミックスをはじめとする、「KYUSHU ISLAND®︎/九州アイランド」プロダクトシリーズを全国に展開。地元宮崎を中心として多数の飲食店を経営する一方、九州各地にて様々な地元創生活動や食を通じたコミュニティ活動にも取り組んでいる。
メディア出演:カンブリア宮殿、WEEKLY OCHIAI-NewsPicks、 NHKワールド、日経プラス10、日経ビジネス、東洋経済 他多数。「第1回 九州未来アワード」大賞受賞。ICCサミット2019「クラフテッドカタパルト」優勝。著書に「九州バカ 世界とつながる地元創生起業論(発行=文屋 発売=サンクチュアリ出版)」。

石丸修平

石丸修平

ISHIMARU SHUHEI

ONE KYUSHU サミット 副会長
一般社団法人九州経済連合会行財政委員会 企画部会長

福岡県飯塚市出身。経済産業省入省後、大臣官房政策評価広報課、中小企業庁長官官房参事官室等を経て、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に参画。その後、福岡地域戦略推進協議会(FDC)に転じ、2015年4月より福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長(現職)。九州大学客員准教授。アビスパ福岡アドバイザリーボード(経営諮問委員会)委員長、Future Center Alliance Japan(FCAJ) 理事、九州大学地域政策デザインスクール理事等を歴任。中央省庁や地方自治体の委員など公職も多数務める。
著書に「超成長都市「福岡」の秘密 世界が注目するイノベーションの仕組み(日本経済新聞出版)」。

大井忠賢

大井忠賢

OOI TADATAKA

ONE KYUSHU サミット 事務局長
福岡地域戦略推進協議会(FDC) 事務局長補佐

福岡県田川郡福智町出身。外資系事業会社やコンサルティングファームを経て起業・独立。楽心堂本舗株式会社、インアウト株式会社、株式会社BOOKなど、地域に根ざした事業会社を設立し、展開してきたソーシャルアントレプレナー。
現在は、福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長補佐のほか、楽心堂本舗株式会社代表取締役社長、九州大学 地域政策デザインスクール 客員助教などを務める。「Withコロナ/Afterコロナ」に光を見出す「エール!FUKUOKA」事業にも取り組んでいる。